overo / asthenia – split 7″ 取り扱い店舗とディストロについて


無事9/21にリリースされました。既にご購入いただいたみなさん、音源を告知してくれたりディストロしていただいている皆さん、本当にありがとうございます。500枚プレスしてその内175枚をForgeで日本に入れたのですが、おかげさまで残り30枚程度になりました。

前回書いたときまだ値段を決めてなかったのですが(関税かかるかもしれなかったので)、830円にしました。バンドでも通販受け付けておりますが、今回は色々な店舗やディストロにも取り扱っていただいているので、折角なので下に紹介させてください。

この音源は流通を通さずに、こちらから置いていただきたいお店に直接声をかけさせていただいたり、逆に取り扱いたいとオファーをいただいたお店やディストロに置かせていただいてます。どこも自分たち的にスペシャルな要素がある場所ですので、行ってみたりチェックしてみてもらえると嬉しいです。

Irregular Rhythm Asylum (新宿)

新宿に拠点を構えるインフォショップ/DIYスペース。社会運動やアナキズム、フェミニズム、DIY等に関連した書籍やZine、グッズ、音源などが所狭しと並んでいて、行くたびにここでしか手に入らない(気がする)何かを見つけられる場所です。お店の半分はフリースペースになっており、イベントやワークショップを開いたりしています。僕が先日レコード置かせていただきに行ったときは版画の作成をしていました。
日本だとあまり馴染みがない「インフォショップ」という言葉ですが、海外では各地のDIYカルチャーやハードコア/emoシーンと密接に結びついていて、例えば僕と楽弥君がフランスに遊びに行った時にはAthénée Libertaireというインフォショップを併設したDIYスペースでStonehenge RecordsのChristopheや現Rouille / ex-Amanda Woodwardのボーカル氏が働いていたり、Coche Bombaがライブしたりしていました。日本だと単に日曜大工的な意味合いで使われるDIYという言葉も、海外だとカウンターカルチャーと重なる意味合いで使われることも多いと感じていて、IRAはまさにそんなラディカルな意味合いでのDIYを国内で実践している数少ない場所だと思います。
個人的にオーナーの成田さんが作っていたExpansion of LifeというZineのとあるコラムに勝手にかなり影響を受けていたので、今回置かせてもらって本当に嬉しいです。
成田さんは90年代のDIYハードコア/emoにもルーツがある方で、元々そういったレコードを取り扱っていたこともあり、今でもThe AssistantやMilemarker, Hot Water Music, CrimethInc系, 謎の90年代ヨーロッパ激などのLPがデッドストックのまま残っていたりするので、レコード好きな方も一度足を踏み入れてみることをおすすめします。



Fog And Rites(札幌)

現Cutback、元Next Style / theSun / Black Film Danceのボーカルである樋口さんがオーナーを務める札幌の美容院。こちらのお店紹介記事や樋口さんのインスタでも明らかなように、完全に樋口さんのハードコア/emoのルーツが出まくったお店になっているようで、一般のお客さんの他にも札幌内外のレジェンドたちやプレイヤー、emoやハードコア好きな子たちが来店することも多い模様。そういう方々にも届いて欲しいと思ったのと、お互いに需要と供給以外の興味がない所にただの商品の一つとして置かれるより、効率悪くてもバンドとして影響を受けた方であり(Next Styleのこの曲この曲、theSunのこの曲など今あらためて聴くとすごく影響受けてるなと思います)なおかつ我々のことを理解してくれている樋口さんのお店に置かせていただき、その繋がりからface to faceで音源が広がっていく方がずっと望ましいなと思い、無理を承知でお願いしたところ快諾していただけました。
実際にまだ切っていただいたことはないのですが(ずっと坊主だったので)、個人的に最近ようやくちゃんとしたバーバーに通うようになったので、次に北海道へ遊びに行った時にはマストで行く予定でおります。


Bush Bash(小岩)

Tiala / Fixed / ex-Five Kinds Squareのボーカルである柿沼さんがオーナーを務める小岩のライブハウス。イギリスにツアーで行った時、Make-That-a-Take Recordsが運営しているDundeeのベニューで「私たちはレイシズムやセクシズム、ビゴトリー(偏見)、ミソジニーを許しません」といった張り紙を出していて、当たり前のことだけど”場”を提供する側がそういう立場を明言して積極的にセーフスペースであろうとするのがすごくクールだなあと思ったのですが、Bush Bashに行ったときに入り口の扉に”End Racism”という張り紙が貼ってあって、あ、日本でもBush Bashがやってる!と思ったのをよく覚えています。
2020年の現在では当たり前すぎることだと思うんですが、社会は普通にレイシズムやセクシズム等々を許容していることが多いので(家父長制をセクシズムと思わないのは感覚の麻痺ではないかと思うし、TVで非白人圏の国の文化とか言語をネタにする笑いのセンスもレイシズムでないなら何なのかと思う)、そういった偏見から自由なところでカルチャーを生み出す場をサポートしてるBush Bashの姿勢が最高にクールだなと思ったのと、個人的によくBush Bashに行った際よく窓際に置かれてるディストロ音源を買ってたので、新しい音源を見つける場としても良いなと思い、お願いさせていただきました。今さっきwebshop見たら在庫消えていたのでもしかしたら売り切れてしまったのかもしれないですが、Low VisionとかDeathroさんとかの音源もあるのでチェックしてみてください。
あとBush BashのVeganカレーが本当に最高なので、食べてほしい!



record shop DIG DIG(岡山)

岡山から国内のハードコア・シーンを支え続けるレコードショップ。ilskaを始め岡山のハードコア・シーンが今盛り上がっているらしいという噂を聞き、岡山フッドの人たちにも聴いて欲しいと思ったのと、今回取り扱いのない府県から通販で買うってなった時にインディペンデントなレコ屋にも関わらずGulchやDrainみたいな現行のUSハードコアのLPとTragic FilmやSuper Structureみたいな東京のバンドのCD、それに仙人掌やFebbみたいなヒップホップのLP、さらにGriefやNauseaのTシャツが同じ場所で手に入るバリエーションの豊かさが熱いなと思い、お願いさせていただきました。
国内のバンドの昔のテープ音源とかも在庫残ってたりするので、隈なく見てみると面白い掘り出し物も見つかるかもしれません。


・あかつき君&たいき君 (福岡)
元xOne Wordxのあかつき君と、元Point Getter / Burning Jointのたいき君により現在準備中のプロジェクトでも取り扱いしてもらう予定です。現時点ではまだウェブなどはないようですが、福岡近郊であかつき君の知り合いの方いたら連絡してみてください。2人の今進めているプロジェクトとても面白そうなので、福岡近辺の方は楽しみにしていて良いと思います。


Common Visions Distribution (仙台)
仙台でAlexiというスウェディッシュ系のユースクルー・バンド (like Section 8 / Outlast)をやっており、以前astheniaを仙台に呼んでくれたこともあるトッチ君のディストロ。ちょくちょく東京のライブにフラッと遊びに来ていたり(毎回なんでいるの?!ってなります笑)、気づいたらカナダに住んでいたりと、とにかくフットワークの軽いナイスデュードなので、仙台周辺にお住みの方や行動範囲が被っている方などは是非コンタクトとってみてください。webstoreはないですが、仙台近郊であればライブ会場での手渡しや、場所によってはデリバリーも対応してくれるようです。アキオコンピやLow Vision、Otusなどの音源も取り扱っています。


After Works Distro (福島)
福島の生粋のemo loverことユタカくんの個人ディストロ。以前からライブを見に来てくれたり、ビデオをYouTubeに上げてくれたりと何かとサポートしてくれており、今回も真っ先にディストロを希望してくれました。いつもどうもありがとう。我々の音源以外にも、Salt of Lifeやilillのヨハネスがドイツに戻ったあとManku Kapakのメンバーとかと短期間やっていたMiraの音源(個人的にかなり名盤)など在庫あるみたいですので、一緒にチェックおすすめします。イベントでの手渡しも対応しているようなので、詳しくは彼のHPをチェックしてみてください。


Like a Fool Records (新代田)

Peelingwards / Cinema Staffの辻くんがオーナーを勤めている新代田のレコード屋兼飲み屋。FJK(フジケン)の今やっているForbearのレコードのリリース元でもあります。今回はフジケン経由で辻くんからご連絡いただき、置いてもらえることになりました。どうもありがとうございます。
飲み屋としても界隈では有名だと思いますが、実はかなりレコードの品揃えも充実していて、しかも割と店舗としては良心的な価格設定だったりもします。僕はここでFell to LowのLPとか買いました。以前近所に住んでいたこともあり何度となく行かせていただいているんですが、レコード見に入るだけでも余裕で大丈夫な良い意味で敷居の低い雰囲気なので、Feverとか羽根木公園とかを訪れた際に是非チェックしてみてください。下北からも歩いて10分かからないくらいです。


・Blue. September. Blue / Asthenia (東京)

一応自分たちからも通販可能です。在庫はこんな感じです。

・Split 7″ with Overo ¥830
・アキオコンピCD+Zine ¥1,500
Final LetterデザインのTシャツ(下画像参照) S〜XL ¥2.500 ※2色刷り3面プリントで原価が高くなってしまったためこの値段です。Turning Pointリップオフかと思いきや、Turning PointインスパイアのIdentifyのリップオフというToo Deepさ!

It’s So Hard… Tシャツ (残りSサイズのみ) ¥1,800

あと仮死状態のBSBも一応まだリストにあるのは在庫ありますので、よろしければご一緒によろしくお願いします。

通販ご希望の方はastheniatheband (at) gmail.comまでご連絡ください。



楽曲についてのセルフ解説とレビューしてくれたサイトのまとめまで書こうと思ったのですが、とりあえず今回はこの辺で!

コメントする

カテゴリー: 未分類

New Split 7″ with Overo


Side A
1. Overo – Haunted By Heat
2. Overo – Near the End

Side B
Asthenia – 人間たち (Humans)
Asthenia – 幽霊たち (Ghosts)

will be released on late September (if shipping is not delayed) via:

Forge (JPN) *a label by ourselves
Count Your Lucky Stars (US)
strictly no capital letters (UK)
Middle-Man (US)
Pundonor (ESP)
LilacSky (NOR)
Polar Summer (RUS)
Scully (US)

pre-order is now available at Middle-Man and Pundonor.

about Overo:

OveroはFootball, etc. + Perfect Futureの面々による90年代スタイルのイーモ・ハードコア・バンド。元々僕はFootball, etc.がレコードほとんど持ってるくらい好きだったので、ある日いきなりLindsayからFBのフレリクとメッセージ来たときめちゃめちゃ上がりました。そしてOveroがマジでめちゃくちゃかっこ良くて震えた次第。
前身のフットボールやPerfect Futureの要素もありつつ、大分ヘヴィーでハードコア色が強くなってて、例えて言うならChristie Front DriveとOn the Might of Princesの2ndとAshesとYaphet KottoとFingerprintをごちゃ混ぜにしたような感じ。あえて激情ではなくイモーティブ・ハードコアと言いたいあの感じです。
去年出たLPが個人的に10年代最後のイーモ・クラッシックみたいなレベルの内容だったので未聴の方いたらそちらもチェックしてみてほしいです。→Bandcamp

当初はスプリット出してツアーして…みたいな話をしていたのですが、ご存知の通りCovid-19の影響でライブどころではなくなってしまい、ツアーの計画は座礁に乗り上げてしまったのですが、その前にレコーディングは完了していたので、何とかスプリットの発売には漕ぎ着けることが出来ました。諸々尽力してくれたLindsayには感謝しかありません。

テニアの2曲は最近ライブでよくやってたこの曲この曲です(ユタカ君ありがとう&Sanoaタナライ君勝手にリンク貼りました。ありがとう)。我々の歌詞と連携してインサートにもちょっとしたこだわりが入っているので、楽しみにしてください。
そのアートワークは我々の10″のカセット版のアートワークもやってくれたKyle McPartlin、マスタリングは元Plaids / WPW? / Soul Structure等々のJoe Cがやってくれてます。

日本での流通に関しては、基本的に一般の流通を通さずに自分たちでやろうと思っているので、もしディストロしたい、してやってもいいぞオラ、という方いたらご連絡ください。
また、上の画像の通り盤の色が2種類あるんですが、ブラッドレッドの方が数少ないので、確実にブラッドレッドが欲しいというマニアックハイセンスな方も、もしいたらご連絡ください。
コンタクトは全てこちらへ:astheniatheband [ at ] gmail.com

リリースは盤が無事遅延なしに届けば9月21日になる予定です。(まだ来てない)

FBのとあるグループで「また7インチじゃなくていい加減LP出せよ」って書かれててちょっとウケてしまったのですが、but still better than nothingということでよろしくお願いします。

コメントする

カテゴリー: 未分類

Akio’s comp is finally released


“My Fellows” compilation album a.k.a. “Akio-Comp” or “Akio’s Sagrada Família” by Akio (who played drums for us 2016-2017, and is now in Tragic Film & Goodbye Gangsters & Beyondman & million other bands), which was originally announced to be released in early 2018, was finally released digitally last month.
we’re on it along with 11 other bands including Young Lizard, Otus, Treadmills, Goodbye Gangsters, Shut Your Mouth, and Still. everyone contributed exclusive songs, and most of them are really cool ones. I recommend listening to the whole thing from first to last ‘cause every band sounds so different from one another, like one band sounds like Chokehold and another is like The Lawrence Arms or Weekend Nachos, yet somehow it flows well as an album. and every band rules and makes me miss going to some sweaty-smokey-smelly venues so bad. I also think it captures what current Tokyo hardcore & punk scene is like well (from Akio’s crazy perspective).

as for our song, title “この瞬間” (pronounces Kono Shunkan) means “This Moment” in English and it’s about living this very moment fully and trying not to be numbed by Japanese society that constantly tries to rob fun and freedom from us. musically it’s our fastest / heaviest / angriest sounding song ever. its working title was “Groundwork” because I thought it sounds kinda like Groundwork mixed up with Unbroken and Uranus or something.

you can listen to the whole comp on Akio’s Bandcamp or Apple Music / Spotify / etc.
CD + Zine will be released by the end of August. Zine features a lot of columns (in Japanese tho) and artworks.
hope you enjoy it as much as I do.

lastly, stay safe. black lives matter in Japan, US, everywhere in the world. Free Hong Kong. Fuck racists.

Hiroshi // Asthenia

コメントする

カテゴリー: 未分類

Kyoto with Sho

コメントする

カテゴリー: 未分類

NovemberはTokyoとKyotoとSho Tokura


京都の街を探訪するSwing KidsとPunch

11月はライブが2本あるのですが、ギターの楽弥君が仕事の都合で急遽両日出れなくなってしまったため、サポートで我々のHomie a.k.a.ズッ友のSho Tokura氏が出てくれます。
以前も田尻君が出れない時にサポートで弾いてもらったんですが、今回は楽弥君のサポートということで、弾くフレーズ全然違うと思うのに引き受けてくれて本当に感謝です。
中々珍しい編成だと思うので、よろしければ見にきてください。楽弥君はこの2本以降また復活します。

2019.11.16 (Sat)

Tragic Film presents: Tragic Film / Runner Split 7″ Release Tour Final
w/ Tragic Film, Runner, Deathro, Fight It Out, Still, Sunday Bloody Sunday

TFとRunnerのスプリット7″のレコ発ファイナルにお呼びいただきました。Tragic Filmのサイトにも書いていただいているのですが、我々的にも色々ターニングポイントになった八王子の企画以来の付き合い。雑多なようでいてTragic Filmを軸にすると非常にすんなり腑に落ちる絶妙面子だと思います。我々は早めの出番になる予定なので、早めに来て欲しい!プライベートで来日中のLeerのメンバーも遊びに来る!

2019.11.23 (Sat)

Damezumari (not band) presents: This Is Not a Love Song
w/ Excuse to Travel, Halfmust, Bascomute, Бесполезно (members of Salt of Life & Excuse to Travel)

京都に行くのは2014年のCalculatorのツアー以来なので、なんと5年ぶり。Time Flies具合が異常でCan’t Change the Past感じながらの車中On Our Wayですが、何はともあれ呼んでくれた企画の駄目君に感謝です。ロシア語の謎の新バンドはオルタナティブモッシュインザスカイ発生必須系のこの日限定(?)のバンドらしく、そちらも楽しみ。ジン読めたりフリマあったりもするみたいなので楽しいイベントになるのではないかと思います。自分も何か持って行こうかなと思ってます。アキオ君も一緒に来る!

レコーディングも進んでますのでその内また何か出します!それでは。

コメントする

カテゴリー: 未分類

next show / new shirt


•2019.8.31 (Sat) at 新大久保Earthdom
Black Hole Records presents: Strip Joint “Like a Storm” 7 inch Release Party
w/Strip Joint, Kaltbruching Acideath, Solvent Cobalt, Unarm, X≒Beat, DJ Goodguy Badband(Yagi + Black Hole)
Open 18:00 / Start 18:30 / Adv. 2,000 Yen + 1 drink fee / Door 2,500 Yen + 1 drink fee

Black HoleリリースのStrip Jointの7″レコ発に出ます。新鮮な面子と場所で最高。

new shirt 作りました

S – XL / Gildan / 1,800 Yen

send me e-mail if you want to order it from somewhere outside Tokyo / Japan.

先日また3曲レコーディングしました。調子良いです。

コメントする

カテゴリー: 未分類

The City / Fun

“街 (The City)”

一貫して 進化のない街
住人たちは離れていく
繰り返すスローガン 失っていくメッセージ
人格者たちを粛清 一掃していく
定款以外は掌握 どこいたって2分間の憎しみ

惰性で闊歩したって着けやしない
計画は破綻してもうオーバー
そう遠くないことなんじゃ

what you said is cruelで、what you said is trueです
生き延びろ 探しに行け
生き延びろ 卑屈さを捨て
生き延びろ あと少しで君も完成さ

無難な今日 昨日と同じさ
また一つ死んだ希望をこう 片っ端からシュレッダー
ばらまく屋上
真っさらな表面 内面はグレイ
すがり出してる錠剤
繰り返す内省 パイセンのキック
もう自尊心を見捨てた

虚勢で闊歩したってもう行けやしない
計画はまたしてもオーバー
“いつ、どうして” を繰り返して

what you said is cruelで、what you said is trueです
生き延びろ 探しに行け
生き延びろ 卑屈さを捨て
生き延びろ あと少しで君も完成してしまう

やがて住人たちは離れ出した
この街の真の価値に気づき失望して涙を落とした

理想と現実に潰されそう
惰性で残るか、去るか、グラインドしだすか


“Fun”

枝毛むしり取ったら記録を残す選手権
染み付いた偏見 洗い落としたいだけ
Noの文字をFunを監視する警官に

社会に天井があって 弱きを搾取して 蹴落としていく
搾り取った収穫 強を好んだ政策
レジスタンス イコール 楽しむこと

さあ背を伸ばして つかみ取れよ興奮を
さあ手を伸ばして 作りあげろClassicを

生かしも殺しもしないで 縮小してく感性を
受け入れたら止まった時間がずっと続いていく

案を練って 脱走のチャンスを待って 気高く素直な感性へ
走り出したはいいが 繰り返す性
気づくと 同じ場所 舞い戻って失望した

さあ背を伸ばして つかみ取れよ幸運を
さあ足を伸ばして 探し出せよYour Placeを

知恵と工夫を使って 自分たちだけの方法で
最大に楽しむことが最上の反逆行為

コメントする

カテゴリー: 未分類

new song “非建設的 (Unconstructive)” from Split 7″ w/ Ensslin

split 7″ with Ensslin a.k.a. best emo band in the world right now will be out sometime in this year… hopefully.

this song is called “非建設的” which means “unconstrutive” in English.
Japanese lyrics are on Bandcamp. let me know if you need translated lyrics.

more info about this record is to be announced.

ロシアのEnsslinとのスプリットが出る予定です。詳細は色々TBAなのですが、どうにかこうにか今年中に出れば良いなという感じです。

スプリットから1曲Bandcampにアップしてますので、良かったらチェックして見てください。

コメントする

カテゴリー: 未分類

満州候補者とライブをします

IMG_8327
10.27 (Sat) 梅ヶ丘Rinky Dink Studio 4F

asthenia
満州候補者

open 13:30 / start 14:00 / 500 Yen

ライブ活動を中断してひたすら新曲をずっと作ってましたが、
ようやくある程度の曲数が形になってきたので、ライブをすることにしました。
新曲を中心に以前の曲もある程度やる予定です。

このライブ終わった後は今度はプリプロに向けて動いていく予定です。

対バンはずっとライブを一緒にしたかった満州候補者。とてつもなく酸素が薄い場所で演奏された息苦しいSlintというか、ヘヴィーなパートがGroundworkぐらいヘヴィーなShipping Newsというか、そんな感じで僕らが初ライブする前から好きだったバンド。活動再開してくれただけでなく、今回2マンのオファー受けていただいて嬉しいです。

場所は梅ヶ丘のRinky Dink Studioにて。よろしくお願いいたします。

we will play our first gig in a while at Umegaoka Rinky Dink Studio. we’ll play mostly new songs along with a few old ones this time, and after this gig we’ll focus on recording. 満州候補者 (Manchurian Candidate) is a band that we’ve been into since 2010. they’re kind of like heavier version of Slint or Shipping News with lyrics sung/spoken/shouted in Japanese. let me know if you’re in Tokyo this day and want to come.

コメントする

カテゴリー: 未分類

writing and recording

ライブ活動をストップしてまして、曲作りとレコーディングに集中してます。
そう遠くない未来に次のリリース予定を告知できるかと。


尚、ライブ活動休止直前のタイミングで謎にTシャツを再刷しましたので、通販ご希望の方いましたらご連絡下さい。
ボディはアルスタイルで、共に1,500円です。

以上、近況の報告になります。
宜しくお願い致します。


we’ve been out of stage (I mean, floor) for a while to focus on songwriting and recording. we’re recording 3 songs at the time, and I think we can announce next release in a few months.
in the meantime, we reprinted some shirts. size varies from small to xlarge. body is alstyle (US). all is 1,500 yen, and shipping is somewhere between 450 and 950 yen (depends on where you live). let us know if you want to get it.

(update 2019.1.30)
sold out. thanks everyone who purchased it.
売り切れました。ご購入いただいた皆さんありがとうございました。

Tree (Grey): S / M / L
Tree (Black):
M / L / XL
Downcast (Grey): M / L
Downcast (Black): S / M / L / XL

Hiroshi / asthenia

currently digging: Please, Believe! – …In Potential LP

コメントする

カテゴリー: 未分類