asthenia 自主企画


8/20 (Sun) 中野Bass On Top Studio 211
asthenia presents:
w/ I Recover (ex-Punch, Bullets*In), Segwei, Sunday Bloody Sunday
open 13:00 / start 13:30 / 1,500 Yen

暑いですね。夏ですね。夏と言えば夏休み、海、花火、そしてRevolution Summerというのが世の一般常識かと思いますが、そんな今年の夏にピッタリなイベントを企画します。

Hi Liberate招聘のI Recoverのジャパンツアー、8/20(日)の東京場所をastheniaで企画します。
I Recoverは以前Arklessが一緒にツアーしてて、彼らがTシャツ着てたりして既に知ってたので、今回岡村さんに企画のお話振って頂いて即「それはもう是非やらせて下さい」となりました。
(※やや余談ですが、そのつながりもあり、今回のフライヤーのデザインはArklessのAndy Hemmingがやってくれてます。お願いして3時間後には「こんなんどう?」ってデータくれて驚きました。「興味あることに関しては仕事早いんだ」っつってました。thanks Andy.)

***
メンバーのDan Afrika氏はPunchにずっと在籍していたのでその印象が強いと思いますが、個人的にはそれ以上に元Bullets*Inというのが激烈に上がります。

Bullets*Inは00年代中盤のアメリカのバンドで、90年代のEbullition、より厳密に言うとMike/Sarah Kirschサウンドを勢いそのままによりメロディックにしたような感じのめちゃめちゃかっこいいバンド。最近で言えばSalt of Lifeとかに近いテンションあると思います(実際いっしゃんも好きだそう)。僕も同じく大好きなバンドでした。

そのDan氏がドイツに移住して始めたこのI Recoverの音もBullets Inをやや彷彿とさせる(よりDC寄りですが)汗臭い熱血エモーティブハードコアで、今からライブめっちゃ楽しみです。

この写真のディセンデンツ感。

I Recoverの音源は全てBandcampでName Your Priceなので、予習がてらチェックしてみてください。ツアーの詳細はHi Liberateにて。

一緒に出てもらう日本のバンドはこれまた僕が敬愛してやまないSegweiとSunday Bloody Sundayの2組。Segweiはもういつだって一緒にやれるの最高に嬉しい。なんせ大学時代から死ぬほど聴いてるバンドだからね。年賀状も保管してます。
Sunday Bloody Sundayは我々の結成初期から仲良くして貰っている先輩バンドなんですが、去年出したアルバムがOnly Living Witnessと初期Elliottを繋ぐような最高のヘヴィエスト・エモで、個人的にアルバム買ってから初めて見るライブなので楽しみです。
どちらのバンドも忙しいスケジュールの中頑張って調整していただいて感謝してます。

日曜の昼間13時からで、スタジオ敷地内は完全禁酒になります。なので、どうしても飲まずにはいられないアル中のスカムの方は外のコンビニとかで買って飲んで貰って、敷地内には持ち込まないようにお願いします。

晴れてたら終わったあと中野セントラルパークでフリスビーとかしたい。

Hiroshi / Asthenia

広告

コメントする

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中